ブライダルフェアとは?内容や服装について解説!

こんにちは!
パレットです。

多くのカップルは結婚を決めたら、まずはブライダルフェアに参加すると思います。
しかし、ブライダルフェアって結婚を考えてないとなじみがないし、実際どんなことするのかよくわからないですよね。

そこで!
ブライダルフェア15件回った経験から
ブライダルフェアってどんなことするのか、
どれくらい時間がかかるのか、
どんな服装で行けばいいのか、
などなど紹介したいと思います。

ブライダルフェアとは

ブライダルフェアとは、結婚式場の見学のことです。
実際の式場や披露宴会場を見たり、
試食、模擬挙式、試着などの体験ができたり、
結婚式についてプロのプランナーさんに相談したりすることができます。

参加費用は基本的に無料です。
参加することで様々な特典があるので、結婚式を考えているカップルはぜひ参加してみてください☆

参加するためには、ゼクシィやハナユメ、マイナビウェディングなどのサイトから事前に予約が必要となります。
人気のブライダルフェアはすぐに埋まってしまうので、日程と会場を決めたらすぐに予約しましょう!

ブライダルフェアの流れ

ブライダルフェアの大まかな流れはこんな感じです。
各項目の所要時間は目安です。

ブライダルフェア全体の所要時間は3~4時間ほど…結構長いです!!

アンケート記入

所要時間:15分

アンケートには新郎新婦の名前、住所、生年月日、連絡先などの個人情報に加え、以下のようなことを記入します。

・挙式の希望時期やお日柄
・予算
・おおよそのゲストの人数
・神前式orキリスト教式or人前式の希望
・式場を決める上での優先項目3つくらい
 (予算、ドレス、会場の雰囲気、アクセス、料理、設備…etc)
・新郎新婦の趣味
・今まで見学した式場名
・複数枚の写真の中から好みの雰囲気の写真を選ぶ

式場により多少内容に違いはありますが、おおよそこんな内容です!
A3の紙にたくさん質問事項があるので結構記入するのは大変でした。

ヒアリング

所要時間:30~60分

アンケート記入後、担当プランナーさんが来てくれます。
まずは担当プランナーさんの挨拶があり、お互い簡単な自己紹介をします。

記入したアンケートを元に結婚式についてヒアリングがあります。
他の会場に行っている場合には、そこの印象なども聞かれました。

そして、式場の概要についての説明があります。
だいたい以下のような内容をお話します。
・神殿、チャペルについて
・披露宴会場について
 (だいたい複数あるので、各会場の人数や雰囲気を教えてくれます)
・式場の特徴

挙式・披露宴会場の見学

所要時間:30~40分

ヒアリングの際に紹介してもらったチャペルや神殿、披露宴会場に実際に行ってみます。

だいたいの場合、写真撮影OKなので担当プランナーさんに許可を得た上で、とにかくたくさん撮りましょう!
あとで会場を比較する際に役立ちます。

試食・模擬挙式など

所要時間:30~80分

これは申し込むブライダルフェアによって様々ですが、以下のような体験時間を設けているブライダルフェアが多いです。

・試食
・模擬挙式
・試着

一つずつ説明していきます。

試食
婚礼料理のフルコースやハーフコース、コースの一部を試食できます。
試食は多くのブライダルフェアで用意されています。
実際に披露宴で出される料理をいただくことができるので、厳しくチェックしたいところです♪
ちなみに、ほとんどのブライダルフェアでは無料で試食できます
ブライダルフェアに申し込む際は試食付きのフェアにすると披露宴のイメージもつきやすいし、おいしいし、お得です☆
アレルギーがある場合は、事前に式場に伝えておきましょう。

模擬挙式
モデルさんや式場のスタッフさんによる本番さながらのセレモニーにゲストとして参列することができます。
挙式の流れや式場の雰囲気、演出などがわかります。
神前式、キリスト教式の両方に1回ずつ参加してみるとそれぞれの式の特徴が良くわかって選ぶ際の参考になると思います!

試着
ドレスや白無垢、色打掛を着ることができます!
試着のあるブライダルフェアは試食・模擬挙式に比べて少ないです。
なので、予約枠が埋まりやすいです。
もし試着を希望される場合は、早めにブライダルフェアの予約を取りたいですね☆

概算見積もりの説明・契約

所要時間:30~60分

最後に現実的なお金のお話です。
だいたいの場合、私たちが試食などをしている間に担当プランナーさんがヒアリングした情報を元に概算見積もりを出してくれます。

ここまで素敵な式場、おいしい料理、感動的なセレモニー…etcと夢のような時間ですがここからはとても現実的!
まず、割引なしの見積もりを提示されます。
次にブライダルフェア特典や当日成約特典などで大幅に値引かれた見積もりを提示されます。

そして、見積もりの各項目についての説明があります。
お料理のランク、ドリンクのランク、ドレスの概算などなど初めて見るときは項目の多さや金額の大きさに驚くと思います。

ここで気を付けなければならないのが、最低ランクのものばかりで構成されていないか
安く見せるために最低ランクの料理、ドリンク、装花etcで見積もりを出してくるプランナーさんもいます。

不明な項目や実際にその見積もり額でどんなことができるのか、
この見積もりから上がるポイントはどこか、
希望する演出(バルーンリリースやデザートビュッフェなど)は組み込まれているか、
試食したのはいくらのコースなのか、
(予算より高い場合)削れるポイントはどこか
などなど聞きたいことはここでズバズバ聞きましょう。
遠慮すると後悔します。

そして、内容に納得した場合には成約となります。
成約時には頭金が必要になります。
頭金は5~10万円ほどで、現金払いのみ・クレジットカード払い対応など式場により異なります。
ここで注意しなければならないのが、
頭金は式場をキャンセルしても返金されません。
なので、成約は慎重にしましょう!

服装

基本的にはカジュアルすぎなければなんでもOKだと思います。
ドレスアップとかしていくと逆に浮いてしまうので、普段の服装で大丈夫です。

あえて気を付けるのであれば、意外と歩き回るので歩きやすい靴で行くとストレスがなくて良いと思います。

試着をする場合には、脱ぎ着しやすい服装がオススメです。
また、アップスタイルの髪型にしていくとドレスや和装と合って、実際の式をイメージしやすいです。

事前準備

ブライダルフェアは気軽に参加していいものですが、いくつか事前に準備しておくと当日スムーズに式場見学や契約ができます。

挙式の候補日

事前に彼氏・彼女と候補日(おおよその時期だけでもOK)を話し合っておくと、いざ成約!となった場合に困らなくて済みます。
また、自分たちは気にしなくても親族がお日柄を気にする場合があるので、両家の両親には事前に候補日について相談しておくと良いです。
希望日がない場合は、避けたい時期・日程・お日柄だけでも決めておくと当日のヒアリングで慌てなくて済みます。

候補日を決める際には、ゲストが参列しやすいかについても検討しましょう。
遠方のゲストが多い場合、朝早い時間の挙式や交通機関が混雑するシーズンなど移動についても考慮しましょう。

予算

ブライダルフェアでは素敵な体験がたくさんできるので、つい舞い上がってしまいがちですが結婚式はゴールではなくスタートです

・両家からの援助
・新居、新婚旅行などの費用
・ご祝儀の目安(目安は人数×3万)
なども考慮して結婚式で使えるおおよその費用を事前に話し合っておきましょう。

式のイメージを固める

契約後に理想と違う、やりたいことができないなどの後悔をしないよう事前にやりたいことやチェックポイントを話し合っておくことがとても大切です。
できれば、箇条書きのメモなどを用意しておくと当日の確認漏れがないので安心です。

具体的には、
・挙式スタイル
 (神前式、キリスト教式、人前式、ガーデン挙式etc)
・大まかなゲストの人数
・譲れない条件
 (駅から近い、バリアフリー、ベビースペースetc)
・理想の演出、イメージ
 (デザートビュッフェ、バルーンリリース、クレールストーリア、階段演出、ディズニーのドレスetc)
などの希望を話し合っておきましょう☆

情報収集

式場を運営している会社に関する情報は調べておいたほうが良いです。
式場や運営会社のHPを見て簡単でも良いので情報収集をしておきましょう。

また、事前に口コミサイトやSNSなどを見て、式場で挙式した花嫁さんや挙式予定(成約済み)の花嫁さんから情報をもらうのもいいです◎
みんなのウェディングでは、実際に挙式した花嫁さんや下見に行った花嫁さんの口コミを見ることができます。

特に最近では、新型コロナウイルスの影響を受けて結婚式を延期・中止したカップルが多く、その際の式場の対応についての書き込みがSNSで多くみられます。
見学に行く式場がトラブルを起こしていないか確認しておくと、成約後の対応に不満を持つリスクが下げられます。

営業がしつこい場合

ブライダルフェアでは多かれ少なかれ営業があり、中には非常にしつこい営業をしてくる式場もあります。
ですが、ブライダルフェアに参加してピンとこなかった場合には、しっかりお断りすることもとても大切です。

お断りする際にははっきりと今回は契約しない旨を伝えたり、一度持ち帰って検討したい旨を伝えたりすると、だいたいの場合はしつこく何度も契約を迫ってきません。

それでもしつこく契約を迫ってくる場合には、「この後予定がある」、「必要があればこちらから連絡をする」など伝えて席を立ちましょう。
後日、しつこく電話がくるケースもありますが、「ほかの式場に決めた」と伝えると連絡がこなくなります

また、ヒアリングの段階で、この後に予定があるから〇時までには帰りたい旨を伝えておくと予定時間内にすべて終えてくれる場合が多いです。

まとめ

ブライダルフェアはとても楽しいイベントなので、是非、気になる式場のブライダルフェアには参加してみてください!
実際の式場を見ると気分がとってもあがります☆
おしゃれな雰囲気、おいしい料理を楽しめて無料なのでデートにも良いと思います。
※冷やかしはNGです

1件のブライダルフェアにかかる時間は3時間ほどと長丁場で体力的には結構ハードなので、詰め込みすぎないように気を付けましょう。

また、どのブライダルフェアでも営業はあります。
契約するまで帰さないようなしつこい営業をするところは少ないですが、
契約するのか、お断りするのか、持ち帰って考えるのか
態度ははっきりさせたほうがお互いのためだと思います。

一生に一度のイベントである結婚式で後悔しないよう、しっかりと事前準備をして充実したブライダルフェアにしましょう☆

コメント

プロフィール

パレット


Follow Me
東京在住・29歳アラサーOLの結婚式準備記録
ぽっちゃり体形/結婚式に向けてダイエット中
アニヴェルセル東京ベイ
2021年春挙式予定
愛犬❤かりん
>>プロフィール
タイトルとURLをコピーしました